足の指がボコボコに・・

足の指がボコボコに・・

爪水虫は怖い病気だと思います。かゆみも痛みもないし、自覚症状を感じにくいため、気がついたら、足の爪がボコボコに変形しているのです。もちろん、そこまでひどくなる前に、皮膚科にかかる人が大半でしょうが、自分はあまり気にとめなかったせいか、中度の爪水虫になってしまいました。

 

 初期症状は風呂に入ったときなど、足の指先がごわごわとがさついたり、角質のようなものがはがれやすくなっている状態です。たぶん、爪の色は白っぽく濁っているのではないかと思います。垢がはがれるように、毎日皮膚がはがれ落ちるのはおかしいのですが、痛みなどもなく放っておきました。

 

 その後、だんだん爪が黄色く変色し、いわゆる肥厚化が進行していきました。爪に何本もの縦線が入り、その厚みがどんどん増してゆくのです。この頃には普通の爪切りではカットすることができず、ニッパーのようなものを使って、爪切りをしていました。医者にかかったのはようやくこの時期です。

 

 もっと症状が進行してしまうと、爪が黒く変色して、一部が欠けたり、ひどいときには爪そのものがはがれ落ちてしまうそうです。とても怖い病気なんですね。飲み薬と塗り薬を使用して、2〜3ケ月くらいで、徐々によくなっていきました。もう二度とこの病気にはかからないよう、足を清潔に保つよう心がけています。

 

 

クリアネイルショットで爪水虫が改善した

最近足の爪の巻き爪が酷いなぁと思ってたのですが、だんだんボロボロと剥がれ落ちて来たので不安になり調べてみると爪水虫かもしれないと思いました。
爪水虫は結構しつこいようでちゃんと病院に行って適切な薬を処方してもらうべきだという情報がたくさんあり、恥ずかしいけれど行かなきゃダメなのかなと悩んでいました。

 

しかしさらに詳しく調べると、ブログに爪水虫の治療についての体験談を綴っているものがありました。
その方は通販でクリアネイルショットという爪水虫専用のクリームを塗って治したそうです。

 

病院へ行かなくても治せるのならその方がいいなと思い、自分もクリアネイルショットを購入することにしました。

 

患部に適量を塗るだけと簡単ですが、継続が大事だということで毎日忘れないように注意しながら塗り続けました。
しばらくは何の変化も見られず効果に不安を感じましたが、1ヶ月くらいすると少し爪の様子が落ち着いて来たのです。

 

さらに2ヶ月ほど経つとボロボロだった爪はなくなり新しくきれいな爪が生えて来ました。

 

治ったと思ってもその後ももう少し続けなければ菌が残っていて再発するとのことだったので、きれいになっても塗り続け半年後に完治しました。
病院へ行かずに治すことが出来て本当に良かったです。

 

⇒爪水虫クリアネイルショットの公式サイトはこちら