爪水虫にかかる費用について

爪水虫にかかる費用について

水虫ときくと、男性の病気という気がしていましたが、私は爪にできました。一番はじめに足の指の一部分が白く濁った状態をみたときはそれが爪水虫とはまったく予想もしていませんでした。

 

でもしっかり洗ってもまったくきらいにならないし、爪の先がボロボロとなっていく様子にこれはふつうではないと思い、皮膚科にいって爪水虫であることがわかりました。かなりショックでした。

 

これは乾癬という菌が爪の中で繁殖してしまうことでなってしまう病気で、人にもうつるといわれたので、湯船には入らずしばらくはシャワーにして、タオルも家族とは別に使用するようにしました。

 

皮膚科ではじめは飲み薬と塗り薬をもらい治療をしました。ずいぶんよくなったので、途中で病院にいくのをやめようと思ったのですが、医師からは3か月は通わないと根治しないといわれ、4か月くらいかかりました。

 

保険適用だったので、はじめは2000円ほどかかりましたがあとは、薬代もいれて1000円程度の費用で済みました。私の場合、初期で気が付いたので、治りも早かったのでよかったです。少しでも爪に症状があったら皮膚科にいったほうがいいと思いました。自分だけは大丈夫とは思わないほうがいいです。

 

 

爪水虫で爪の表面が・・・

爪の小指がガザガザゴワゴワ、爪が幾重にも重なっているかのように盛り上がってデコボコで、みっともなくて恥ずかしくて、素足になる機会の多い夏は、本当に憂鬱です。お洒落した時のサンダル、浴衣の下駄、プールや海のはだし等、こんな小指は人に見せられたものではありません。でも、デートや外出は諦めたくないし・・・。
友達のキレイにペディキュアされた足を見るたびに、羨ましいわ悔しいわ。

 

そこで私が思いついたのは、爪の表面を削るという恐ろしい修繕工事でした。爪の甘皮カッターやニッパーで、ゴワゴワ盛り上がった硬い爪をひたすら削ったり切り取ったりして、ヤスリで擦って表面を平らにします。硬くなっているので、力を入れないと削れないし、入れすぎると流血の大惨事になる怖い工事ですが、背に腹は変えれない!それくらい汚い爪が悩みだったのですが、最近になってようやくそれが「爪水虫」という病気だということを知りました。

 

遺伝とか、爪の切り方が下手なのかもとか、靴のサイズが合ってないとか歩き方が悪いのかとか、栄養が悪いのかとか、ひたすら紋々と悩んでいましたが、自分の爪は爪水虫だったんだと知って、気持ちが楽になりました。

 

これからは「工事」ではなく「治療」に頑張って、キレイな爪を手に入れます!